• « 2017·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2009’09.23・Wed

ああ・・・銀の木の種・・・

挫折したままだったテルマーへの道。


アンダーワールドの黄色い鍵が取れるようになったらしいので再チャレンジ。


酸スライムから酸のう2つ目がなかなか出ない。棺おけ探りに熱が入りすぎてHPゲージ

を全く見てなかった為、死ぬ。。。

主人が死ぬともれなくペットも死ぬ。KRのときはペットが死ぬと半透明になったんだけど

SAでは黒っぽくなる。うちのオスタはもともと濃い緑色なので死んでいることに気づかず、

生きててよかった~などと騎乗しようとして何度もWクリックする。

そして乗れないときに死んでいることに気づく。。。

自分は入り口まで戻って蘇生できるけど、ペットは通りすがりの心優しき方々に蘇生して

いただく。ホント有難い。


さて、問題の黄色鍵の部屋ではすっかり人が減っていた。部屋にはクシーがいた。

賢そうな凛々しい姿だ。

変身なのかペットなのか・・・後で飼い主が来たのでペットなのが判明。話しかけなくて

よかった・・・と思う。

なんか敵の姿が変わっていたし、EVもすぐに消してくるし・・・強くなった?!

ものすごく追いかけてくる。あまりの変わり様にかなり動揺して、死ぬ。。。

ゲート前の部屋にアンクがあったな・・・と安心していたら、なぜか無反応。

えええー?!なぜなんだ?蘇生できない・・・・

仕方なく入り口まで戻り蘇生。そのあとは走る。急がないと死体がぁぁぁ;;

アンク型の部屋に行くのにワープ橋を何度も何度も落ちる・・・きぃぃぃ!!

泣きながらやっとの思いで鍵沸き部屋に戻るとオスタは無事だったが死体は骨に

なってた・・・ふぅ~危ない。

なんだかんだでアビスへの切符を手にした。


初めてのアビスは広かった。敵もたくさんいた。ペットで走り抜けるくらいならできそう・・・

で、銀の木の種を貰った。


さて・・・テルマーへの道はどっちなのか地図をみる。

なんだか遠そうだ。。。たしか王の墓の先がテルマーだったはず・・・とりあえず右奥へ向かう。


ものすごい敵の中を走りぬける・・・・つもりでいたけど、魔法がガンガン飛んできて

たちまち死ぬ。。。。蘇生場所を探して地図を広げてもさっぱりわからない。。。

うっそぉ~ん;;;こんなところでどうするのぉぉぉと幽霊のまま蘇生場所を探す。

・・・もしかして・・・無いの?!

仕方ないので、とにかくテルマーへ行って蘇生しなくちゃ・・・と、かなり離れた所にある

王の墓を目指す。その間にも怖そうな敵がたくさん・・・生きていたとして墓まで無事に

たどり着けたのかな?

戻ってアンダーワールドから来る方が早かったな・・・と思ったけど、もうここまで来たら

死体のことは諦める。

ただ、銀の木の種は転送袋に入れればよかったな。。。と、久しぶりに後悔する。


冒険の果てに、ロイヤルシティのルーンを焼き、ペットを蘇生してくれるNPCを求めて

ヘイブンへ戻る。

厩舎にいるはずなんだけど見つからず途方に暮れていたら、通りすがりの方が蘇生して

くれた。ホントにホントに有難い。


今回もSSが一枚もない。それでも記事を書いてしまうのだった。







Categorieオンラインゲーム  - コメント(2) TOP

Next |  Back
だいぶ苦戦してますね。
それもまたUOの醍醐味かな~
僕はまだアンダーワールドにもステイジンアビスにも行ってないけどw
そのうち案内してもらうかな。

DuanSurk(青):2009/09/24(木) 20:13 | URL | [編集]

もう右往左往して溺れながらというか・・・・・
死体のままでテルマーに着いたんだけどねw
アンダーワールドにはパズル部屋があるので
挑戦してみたけど・・・色床の部屋で挫折した;;

からす:2009/09/26(土) 21:33 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。